独立行政法人国立病院機構新潟病院附属看護学校

お問い合わせ先
ホーム > 学校の生活 > 学生の声 > 救急法・災害看護演習

柏崎市消防本部の講師の先生方と演習に取り組みました!

1年生「臨床看護総論 救急法演習」

1年生は、これから臨床で出会う急性期や回復期、慢性期、終末期にある患者さんの中で、今回は超急性期にある「急変時看護」の一つである「救急法」を学びました。 気道確保と換気、胸骨圧迫と心肺蘇生、止血と循環確保など、患者さんの救命に必要な知識と技術をすり合わせながら演習に取り組むことができました!


気道確保・換気法など基本的な救急法の技術演習


救急時の心肺停止・出血時の複数処置の実際


2年生「災害看護 演習」

2年生の学生から『実際に災害時トリアージ演習を行い、緊急性の高い順序での処置・搬送・治療の大切さを学びました。 災害発生時には、演習以上の緊張感や混乱をしている中で看護をしていかなければならないと考えると、現場で活躍する救急救命士や看護師の皆さんが「本当にすごい!かっこいい。」と思いました。』と学びの声がありました。
技術・知識の基本を学んだ後に、実際にクラスメイトで災害チームを組んで被災者救護に取り組みました。 チームリーダーを中心にチ−ムビルディングを行い、悩みながらも声を出し協力しあい、全被災者の処置・搬送まで取り組むことができました。 振返りも一緒にして頂き、楽しく学ばせて頂けた柏崎市消防庁の先生方に感謝です。


まずは、災害時対応の基本知識・技術となるトリアージ・処置・搬送の基本を学びました。


被災者トリアージタッグの記載訓練


被災者搬送の演習風景


リーダー中心にチームビルディング! 被災者のトリアージと処置・搬送の演習風景


消防庁の先生方と演習の振返り学習で学びを深めることができました。




〒945-0847 新潟県柏崎市赤坂町3番52号 TEL 0257-21-4866 FAX 0257-21-4866

Copyright(C)2008 独立行政法人国立病院機構新潟病院 附属看護学校.All Right Rserved.