• 看護部HOME
  • 新潟病院サイト
  • サイトマップ
教育プログラム
新潟病院が求める看護師像や教育プログラムについてご紹介します。

新潟病院が求める看護師像

 概念図に示すように、新潟病院の看護師に求められる能力として、「知」・「質」・「心」・「人」が必要であると考えます。

求める看護師像

国立病院機構における能力開発のねらい

 国立病院機構で働く看護師一人ひとりが専門職業人としての自覚をもち、国立病院機構の担う医療を
推進しうる看護実践能力を向上させることをねらいとしています。役割を果たすために求められる能力は
下記の6点があります。

1)高度な専門的知識・技術を有し、主体的に実践できる Art Theory
2)高い倫理観に基づいた、質の高い看護の提供ができる Caring
3)多職種と協働し、看護の役割を発揮する Teamwork
4)病院経営に参画でき、看護におけるマネジメントができる Coordinate
5)後輩とともに学び合い、自律した看護職になる Coaching
6)臨床看護研究ができる能力を有し、看護を創造する Create

 求められている能力に到達していくには、生涯にわたって主体的に学習していくことが必要です。
その生涯にわたる学習を支援するものとして「能力開発(研修)体系」を構築しました。
平成29年度からキャリアラダーが導入され、ACTyナースが新しくなりました。
 NHO−ACTyナースver.2についてはこちらからどうぞ


教育計画

1.院内教育の到達目標
 1)キャリアラダーレベル I (新卒後概ね1年目看護師)
   到達目標
    ・看護実践に必要な基本的能力を習得する
 2)キャリアラダーレベル II (ラダーレベル I を習得した看護師)
   到達目標
    (1)根拠に基づいた看護を実践する
    (2)後輩とともに学習する
 3)キャリアラダーレベル III (ラダーレベル II を習得した看護師)
   到達目標
    (1)個別性を重視した看護を実践する
    (2)護実践者として、後輩に支援的役割を果たせる
 4)キャリアラダーレベル IV (ラダーレベル III を習得した看護師)
   到達目標
    (1)後輩の学習を支援する
    (2)チームリーダーとしての役割行動がとれる
 5)キャリアラダーレベル V (ラダーレベル IV を習得した看護師)
   到達目標
    ・専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究的に取り組む
 6)実地指導者
   到達目標
    ・育成に対する基本的な考え方を理解し実地指導者の支援ができる
 7)療養介助員
   到達目標
    ・組織の理念を理解し、チームの一員として療養介助員業務を理解し行動できる
    <療養介助専門員>
     到達目標
      ・介護計画の展開を通し、個別性のある介護支援の実践につなげることができる
 8)業務技術員
   到達目標
    ・組織の理念を理解し、チームの一員として業務技術員業務を理解し行動できる
 9)病児保育室保育士
   到達目標
    ・組織の理念を理解し、チームの一員として病児保育室保育士業務を理解し行動できる

2.院内教育研修の対象
 1)採用時教育 :採用時看護職員を対象に実施する
   (1) 新卒後入職看護職員オリエンテーション
   (2) 中途採用看護職員オリエンテーション
   *中途採用看護師について、経験年数やACTyナース到達度評価を参考に対象研修を決める
 2)役割別教育
   (1) 実地指導者研修 :卒後4年目以上の看護師を対象に実施する
   (2) 療養介助員・業務技術員・病児保育室保育士研修 :各職種別研修を実施する
 3)その他
   (1) 育児休業復帰看護職員対象研修(概ね2年以上の休業で希望者)


フッター