• 看護部HOME
  • 新潟病院サイト
  • サイトマップ
新人看護師支援
実地指導者やチューター看護師など、新人看護師支援について紹介します。

新人看護師支援(実地指導者、チューター、アソシエート看護師)

 あなたが就職したその日から実地指導者がマンツーマンで技術面をサポートします。 また、精神面のサポーターとして卒後2年目看護師がチューターとして傍にいます。 実地指導者とチューターの支援としてアソシエート看護師が、あなたの知識・技術の修得を後方から支援しています。 困った時、辛い時、悩まないで声をかけて下さい。
支援計画

新人看護師を支える体制について

チューターシップを組み入れた支援体制です。

 新人看護師に関わる対象者と役割
名 称対象者役 割
看護師長  ・看護単位における新人の教育責任者
・教育担当者の育成
・アソシエート、実地指導者、チューターの支援
実地指導者卒後4年以上 ・マンツーマンで主に実践的指導者として新人指導を担当する
・新人のペースに合わせて(self-paced)、新人自らが主体に学習する(self-directed)よう、実地指導者が関わる
・新人看護師の入職後は、一定期間同じ勤務を一緒に行う
・新人看護師指導計画書を作成し、ACTyナース(国立病院機構看護職員能力開発プログラム)評価や課題指導等を行う(ロールモデルとなる)
チューター卒後(2〜)3年目 ・各新人看護師に1人相談相手(チューター)を配置する
・仕事の仕方、学習方法、悩みごとなどの精神面、生活など広範囲にわたり相談や支援を行う
アソシエート実地指導者(旧プリセプター)
研修を終了している看護師(5年目以上)
・実地指導者とチューターを1年間支援する
・新人看護師とスタッフ、実地指導者、チューターとを繋ぐ
・新人看護師がACTyナース評価項目において目標達成ができるように支援する
チームリーダー
病棟スタッフ
チームリーダー
病棟スタッフ
・実地指導者の指導計画に沿って日々の看護実践の指導を行う
・指導後のサポートを行う


 新潟病院新人看護師サポート体制図 新人看護師サポート体制図

・実地指導者 谷川 翔子 看護師
実地指導者

 実地指導者は、病棟で新人看護師の日々の業務や看護技術の習得に向けた援助を行っています。当病棟での看護は日常生活活動への援助が主な内容です。 オムツ交換や体位変換・移乗・食事介助など個々の特徴を踏まえながら、多くの患者様に安全に援助を実施する必要があります。また体調不良や持病の悪化などによる急激な病状変化が生じることが多く、個別性のある細やかな対応や日々の観察から異常を見逃さないことが求められています。 新人看護師が患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、初めて行う看護技術に緊張しながらも挑戦したり、丁寧に研修課題に取り組んだりと、病棟の患者様を理解し必要な看護を行うために日々努力している姿を見て心強く思っています。 新人看護師が自分なりの目標や、やりがいを感じながら自分の力を生かして、仕事に取り組めるように今後も支援していきたいと思っています。







 
・新人看護師 渡辺 勇希 看護師
新人看護師

 看護師として働く上で慣れないことがまだ多くある中、実地指導者やチューターを始めとする先輩看護師さんから親切で丁寧なご指導や声掛けをしていただき安心して働くことができています。 私自身、日々の仕事をのなかで、時に緊張してしまうことや、自信がなく不安に思ってしまうことがありますが、懇切丁寧に看護を提供するために初心を忘れず、患者さんやその家族の気持ちを第一に考え、気持ちに寄り添える看護師になれるように努力していきたいと思います。 これから先輩方のサポート受けながら、1日1日を大切に過ごし、知識や技術を身につけながら成長していきたいと思います。



専任の教育担当師長によるサポート

・教育担当看護師長 水島 和江
教育担当師長

 国立病院機構では、専門職業人としての看護職の看護実践能力向上とキャリアップを支援する「看護職員能力開発プログラム(ACTyナースver.2)」があり、新潟病院でも入職時からこのプログラムに沿った教育が行われています。 教育担当として、新人看護師の看護技術向上に向けた研修プログラムの企画・運営・評価や、心理的サポートして定期的な面談を行っています。 平成30年から、新人看護師は名札にマークをつけ、病院内の全職員から暖かい支援を受けながら、少しずつ成長しています。


平成30年度新人看護職員研修プログラム

*クリックして下さい。
フッター