診療のご案内

薬剤部

当部の職員構成は薬剤部長、副薬剤部長、主任薬剤師、薬剤師3名、薬剤助手2名の計8名です。医薬品を様々な角度から管理し、患者さんに医薬品を適正かつ安全に提供するよう心掛けています。
主な業務は調剤、製剤、医薬品管理、入院・外来患者さんへの服薬指導と医薬品情報提供、医薬品情報管理、治験等であり、他職種と連携してチーム医療を行っています。



調剤業務(処方)

診察室や病棟で医師が入力した処方オーダーが処方せんとして薬剤部で出力されます。その処方せんに基づき必要な薬剤を調剤するとともに、用法用量に間違いがないか、また相互作用のある薬剤が同時に投与されていないかなどを確認し、より安全な薬物治療が行われるよう取り組んでいます。



調剤業務(注射)

処方オーダーと同様に注射処方オーダーが注射せんとして薬剤部で出力されます。その注射せんに基づき患者さんごとに注射薬の取り揃えを行います。取り揃えた注射薬に対して、投与量や投与速度安定性・混合の可否などについて確認し、輸液と組み合わせて病棟・外来等へ払出しを行っています。



製剤業務・無菌調製業務

市販されていない医薬品を患者さんの病態や治療目的に合わせて調製し、安全性・有効性を検討したうえで提供しています。また抗がん剤を調製し、適切なスケジュール管理のもと提供しています。




医薬品管理

医薬品の適正な在庫管理と保管、品質の確保を行っています。



医薬品情報管理

医薬品の適正使用に貢献するため、医薬品の情報収集を行い医薬品の有効性と安全性を確保しています。



薬剤管理指導業務

入院患者さんに処方された薬の効果や副作用についてわかりやすく説明するとともに、薬による相互作用がないか常にチェックを行っています。また患者さんの体の状態に合った薬を医師に提案し、協議することで正しく適切な薬物治療が行えるよう支援しています。患者さんの入院時にはご自宅から持参した薬の確認を行い、医師・看護師へ情報提供することで入院中の服薬に役立てています。また病棟カンファレンス等に参加して他の医療スタッフとの情報交換を行い、よりよい医療の提供ができるよう活動しています。



チーム医療

医師・看護師など他職種と連携して緩和ケア、栄養サポート、褥瘡、感染制御等に薬剤師としての専門性を活かしながら参画することで、情報の共有化を行っています。









  • 〒945-8585 新潟県柏崎市赤坂町3番52号 TEL 0257(22)2126 FAX 0257(24)9812
  • Copyright (C) 独立行政法人国立病院機構 新潟病院. All rights reserved