たんぽぽ

指定通所支援事業所「たんぽぽ」の紹介

サービスの目的

 在宅支援の一環として、通所の方法により重症心身障がい児(者)の方の日常生活動作訓練、療育を行うことにより、 運動機能等の低下を防止するとともにその発達を促し、併せてご家族の在宅生活支援の一助となり、地域福祉の発展に協力できることを目的としています。

実施事業及び対象

<生活介護>
18歳以上の重症心身障がい者
<放課後等デイサービス>
  
就学中の重症心身障がい児
 
<児童発達支援事業>
  
未就学の重症心身障がい児
  
  
※ご利用に際しては受給者証が必要です。
  市町村役場での手続きが必要です。
※放課後等デイサービスは支援学校の休業日のご利用になります。  
 

定員

一日の定員は10名です。
 

職員

看護師1名、保育士3名、児童指導員1名
その他に医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて対応します。
 

開所日及び時間

祝祭日及び年末年始を除く、月曜日から金曜日までの9:30〜15:30です。
 

1日のスケジュール

9:30 受け入れ
10:00 朝の会 療育活動 入浴支援(月・水・金曜日)
11:30 排泄介助
12:00 昼食・休憩
13:00 療育活動 季節の行事など
14:30 排泄介助
15:00 終わりの会
15:30 終了
 

療育活動について

大型遊具での感覚遊び、歌や楽器での音楽遊び、季節の行事などを行います。 また、ムーブメント療法、スヌーズレンなどの活動を通し、 ゆっくりリラックスして過ごせるよう環境を整えていきます。
えんま市ごっこの様子

「わたあめ」を作って食べました

「きんぎょすくい」挑戦中!!
  冷たい水にさわりました

集団ゲームの様子(ジャンボジェンガ)
季節の行事の様子(重症心身障がい病棟の夏の行事に参加しました)

竜宮城へ行ってきました

波が来たぞ〜!!

スヌーズレンとは・・
光、音、香りなど受け取りやすい感覚刺激を用いて、リラクゼーション活動を提供する活動です。 心地よい環境の中でゆっくり過ごします。
スヌーズレンルームにて、
ウォターベッドでゆらゆら。
ベッドサイドでの活動の様子
光を見つめています
※スヌーズレンルーム・・こどもとおとなのための医療センター1階
ムーブメント療法とは・・
動きを通し調和のとれた発達を援助する活動です。パラシュートやトランポリンなどの遊具を使って遊びます。
 

利用料金の支払いについて

  • 支給決定に応じた一部負担金が発生します。
  • 昼食代は1食500円、入浴代は1回300円です。後日、請求書が郵送されます。
  • 医療行為が必要になった場合(検査や薬の処方が出た場合)は、外来診療となります。外来診療の場合は別途医療費がかかります
 

放課後等デイサービス・児童発達支援自己評価

 当院通所「たんぽぽ」は、主に重症心身障がいの方を対象に平成27年4月20日に開所しました。 放課後等ディサービスは特別支援学校・特別学級の長期休業日に実施しています。 今年度1名の方が生活介護事業に移行し、1名の方が当院の療養介護病棟に入所されたため、現在4名の方にご利用頂いています。 その内3名の方が夏季長期休業日のみのご利用となっているため、年間を通し3〜4回のご利用となります。 ご家族からは「療育活動に参加させて欲しい」「遊んで欲しい」「ダイナミックな身体を使った遊びを取り入れて欲しい」「笑顔が増えてほしい」との要望が聞かれています。 利用日数は少ないですが、その中でも、利用者様個々の状態に応じた活動(遊び)を提供することが当事業所に求められる役割の一つと認識しており、体調管理に努めながら、遊びを通して様々な経験を積み、たくさんの笑顔を引き出す事を目標に支援を行っています。
 児童発達支援事業では現在1名の利用者様が契約されていますが、今年度のご利用はありませんでした。
 職員自己評価、保護者等評価、は以下の通りです。
1.職員自己評価について
 新型コロナウイルス感染予防対策については、利用者様へもマスクの着用を依頼し、個々の距離の確保、換気、物品の消毒等に努めて参りました。 利用者様本人と同居家族様の体調及び行動確認を開始し、毎回利用前には「たんぽぽ利用前体調等状況確認表」を提出して頂きました。

(1)環境、体制整備について
 当事業所は多機能型として運営し定員は10名となっています。 最近は医療ケアを必要とする生活介護利用者の増加に伴い、人工呼吸器やモニター、吸引器などの医療機器も増えてきました。 また、感染予防対策のため個々の距離感を十分にとる必要があり、活動内容によっては十分なスペースを確保することが難しい場面も生じました。
 大型遊具を使用する際には、マットやベッドを移動しスペースを作り、実施に当たっては転倒、転落、怪我等に留意し支援に当たりました。
(2)業務改善について
 毎年「自己評価」を当院のホームページに公開しています。 今後も利用者様、ご家族様の立場に立った支援を心がけていきます。
 職員それぞれが院内研修会に参加し資質向上を目指しています。 今年度も感染予防対策で動画での研修を受講しています。
(3)適切な支援の提供について
 春、夏、冬季それぞれの長期休業にあわせて、利用希望の確認を行うと同時に再アセスメントを行い、ご本人、ご家族の要望をお聞きしながら個別支援計画を作成しています。
 活動プログラムは保育士が立案し、季節感を取り入れた活動、大型遊具での感覚刺激、製作活動などを行っています。 月間療育計画を作成し活動プログラムが固定化されないように留意していますが、上記(1)のように十分なスペースの確保が難しい場面がありました。
 職員間の情報共有では電子カルテを使用し、日々の記録や必要な情報を共有できるよう努めています。 始業前の役割分担の確認はできていますが、終了後の振り返りが不十分との意見があり今後の課題とします。
(4)関係機関や保護者との連携
 サービス担当者会議には、児童発達支援管理責任者、もしくは保育士が参加し、在籍している学校や相談支援専門員等と関係者間で情報を共有し連携を図っています。家族とは日々のコミュニケーションや連絡帳の活用などで情報の共有に努めています。
 放課後児童クラブや児童館との交流については対象児がいないため実施していません。
(5)保護者への説明責任等
 苦情処理、個人情報の管理については院内の苦情解決規定に準じて対応しています。 個別支援計画も適切な運営に努めています。
 定期的な会報「たんぽぽ新聞」は生活介護利用者様が作成し、生活介護利用者様向けに発行していました。 今年度は担当していた利用者様の体調面の変化により継続が困難となりました。 今後、情報発信の手段として活用できるよう方法を検討していきます。
(6)非常時等の対応
 院内の災害対策マニュアルに準じて対応しています。
 虐待予防防止に関する院内研修会に全員が参加しています。 身体抑制については、やむを得ず身体抑制を必要とする場面や具体的な方法を説明し、同意を得て個別支援計画に記載しています。
 ヒヤリ・ハット事例については、発生時速やかにご家族に報告すると同時に職員間で情報を共有し改善策について話し合いを行っています。
2.保護者等評価について
 放課後等ディサービス利用者4名の内、3名の家族から回答がありました。 なお、児童発達支援利用者については今年度の利用がなかったため調査は実施していません。
 ご家族からは概ね好評価を得ることができました。 全員から「通所を楽しみにしている」「支援に満足している」と回答していただきました。
 昨年「非常時等の対応」の項目において、家族への説明が不十分だったため「各種マニュアルの保護者への周知、説明」「定期的な訓練の実施」について、「わからない」と回答された方がいました。 これまでも院内マニュアルを策定し、院内マニュアルに準じた対応を行っておりましたが、家族への説明が不十分との反省から対応を図った結果、改善を図ることができました。
 また、「自己評価の発信」についての評価が低く、改めて情報発信の必要性を感じました。
3.まとめ (今後の課題)
 今後も引き続き、関係機関や職員間で情報を共有し連携を図り、利用者様、ご家族が安心して利用していただける事業所を目指します。
2022年3月
児童発達支援管理責任者
木明 香子

お問い合わせ先

国立病院機構新潟病院
指定通所支援事業所「たんぽぽ」
(病院代表)0257−22−2126

 


  • 〒945-8585 新潟県柏崎市赤坂町3番52号 TEL 0257(22)2126 FAX 0257(24)9812
  • Copyright (C) 独立行政法人国立病院機構 新潟病院. All rights reserved